ネ コ プ リ ム
猫至上主義な山ニャがお送りする
猫との日々を綴る超不定期日記


| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
我が家の猫とライブカメラについて
マリーライブ
名前:Marie [マリー]
種類:メインクーン
毛色:Brown Patched Tabby and White
誕生日:2006.03.08
性別:♀
性格:どちらかというとツンデレではなくツンツン。
好きな玩具はじゃれ猫宙返り。お水遊びは大好きだけど結構ドヂ。
お腹を触れるのは大嫌い。
すっごいビビリニャンなんだけど、割と慣れるのは早い様です。
子猫マリーの写真は...コチラ
ライブカメラ
かなり不定期に稼働中。9〜17時頃
19時半頃にはご飯タイムが映るやも…。
画像をクリックで別ページに飛びます。
朝画像に変化がなければ
その日はお休みです。
オフラインの日が多くてスミマセンTT
…ライブカメラへ

にほんブログ村 猫ブログへ ニャマゾン
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -

にほんブログ村 猫ブログへ ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。m(_ _)m
1日1クリック有効です。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
FIPを通じて 12:25
実は二月ごろから、FIPで闘病しているノルウェージャンの
にゃんこブログへこっそり通っておりました…。
FIPという病気は、名前はしっていましたが
ここのブログがきっかけで、色々詳しく知りました。

今、目の前の写真に写っているその子が
あと一ヶ月後には居ないかもしれない…。
記事を読んでいる通りがかりの私ですら信じられない事実に
オーナーさんは、よほどショックで辛いだろう…
私も、自分が愛猫を失った時のこと等思い出したりして
思いが重り、初めて伺った日以来…気になり通っておりました。
3月に入り、体調が悪い日もあったようなので
大丈夫かなぁ…と心配しておりましたが
…先日、亡くなられたそうです。……まだ8カ月です。
とっても可愛い子で、これからまだまだ大きくなる時期なのに…。
オーナーさんの文章を読んでいると
どんなにその子を愛していたか…。大切だったか…。
助けてあげられない辛い思いがすごく伝わってきて、
自分も、過去に思ったことがそのまま書いてある感じで
共感してしまって、子供の頃の事を思い出しました…
子供の頃…病気で弱っていく子をただ見ているしかない時…。
弱っていく猫たちの姿をとても直視できなくて、
いつも母親が私の代わりに診ていてくれてました。
そして亡くなった時も…怖くて、冷たい体に触れられないでいると
「触ってあげなさい」と
私の手を持って触れさせてくれたのです…。
亡骸に触れるのは、正直怖いです。
でも触らせてもらって良かったと思いました。
だって、もう二度と触れることは出来なくなってしまうんだから…。


命があるって、とてもすばらしいことですよね。
体が温かい…。鼓動が聞こえる。
今では、そういうなにげない事で命を実感できます。
限りある命…。その時間を後悔しないように大切に過ごしたい…。

別れは一時的なものです。
(と、私は勝手に思っています)
自分もいずれ死ぬんですから、早いか遅いかだと思うようしました。…かなり大雑把ですが…
過去にも一度書きましたが、
広い世の中、だれにも愛されず…亡くなったことすら気にもとめられない…
そんな猫ちゃん達が居る一方…。
飼い主さんに思われ…看取られながら旅立つ猫は
幸せだったんだ…って思えるようにもなりました。
それは、これから私が生きていく上でも
とても前向きになれて良かったことだと思います。

今回のFIPの猫ちゃんにも、オーナーさんにも
文章やお写真を通して更に色んな事を教えていただけた気がしました。
別れはとっても辛いです…でも…
これからも、形は違えどずっと一緒…ですよね。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

私も、一つの形として…昔飼っていた猫たちのお話も書き残したいと思いました。
| 思うこと・考えること... | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 山ニャ -

にほんブログ村 猫ブログへ ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。m(_ _)m
1日1クリック有効です。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
猫を飼うまでの葛藤… 00:43
猫が好きなので、色んな猫ブログサイトを拝見しているのですが、
稀に、猫ちゃんが亡くなられて悲しみにくれているサイトさんに出会うと、
とても悲しい気持ちになりますね…。

私自身、小さい頃から猫を飼っていましたので
何匹もの猫の最期を看取ってきましたが、
10年一緒に居てくれた猫に先立たれた時は、
お恥ずかしい話、立ち直るのに数ヶ月の時間がかかりました。

その猫の死後、
新しく猫を迎える気分になかなかなれなくて…。
どうしても、飼う前から別れる時の事をイメージしてしまうんですよね。
別れが辛すぎて、辛い思いをしたくないからもう飼わない!
そんな気分にもなっていました。
でも、残っていた猫達に少しずつ癒されて
日が経つにつれ、少しずつ前向きな気分になれて、

「野良猫は、死んでも悲しんでくれる人がいない…
   それに比べてウチの猫は…
     悲しんでいる飼い主が居る!!
       それって、ウチの猫は幸せだったんじゃないのかな…」

と、思えるようになってきたんですよね…

一緒にいれば、かならずいつか来る別れのとき。
でも、その日まで楽しい思い出を沢山作って、
いつか別れる日が来ようとも、
自分が死ぬ時まで…また会える日まで、
その思い出を糧に生きていけば良いんだって思えたんです!

そう思えたとき。また猫が欲しいナァ〜と思えるようになってきました。
そして…猫が飼える環境が整って、
今、マリーが居るわけです。

私が小さい頃飼っていた猫達は
病院が遠くて、まともに連れて行ってあげられなかったし
長生きさせてあげることが出来なかったので、
せめて今、自分が大人になって責任を持てるようになったからには
今まで飼っていた猫達の分
マリーには、私のできる事のすべてをしてあげたいなぁ〜と思います。



しっかし…
今日もすごい寝相…楽しい
| 思うこと・考えること... | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 山ニャ -

にほんブログ村 猫ブログへ ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ランキングに参加中です。
よろしければクリックお願いします。m(_ _)m
1日1クリック有効です。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
| 1/1 |